So-net無料ブログ作成
検索選択

園芸害虫を知る

今回ご紹介したいのは園芸害虫と呼ばれる虫です。中でも「ナメクジ」は園芸害虫として憎まれる虫の1つですよね。「ナメクジ」って、見た目は悪いですが、単にゆっくりと動いているだけですし、実はカタツムリの仲間です。園芸害虫のイメージは強いけれど実際は植物にそれほどダメージは与えないのでは?と感じている人も多いのではないでしょうか。けれど、「ナメクジ」を軽く見てはいけません。「ナメクジ」は、花や野菜などの植物の葉っぱを食べてしまい、ダメージを与えているのです。

葉っぱの中でも特に「ナメクジ」による被害が多いのが、レタスやキャベツのようです。また、「ナメクジ」が食べてしまうのは葉だけでありません。イチゴなどの果実も食べてしまうんです。特に、じめじめした梅雨のシーズン、繁殖した「ナメクジ」が大勢で植物に被害をもたらします。園芸害虫である「ナメクジ」は放置しておくわけにはいかないのです。「ナメクジ」の駆除法としては、ナメクジ駆除用の薬がホームセンターなどで売られているので、これを使って撃退するのが効果的でしょう。けれど、植物はできるだけ無農薬で育てたいと思っている人も多いはずです。

そこで使用したいのが、酒粕です。植物のそばに酒粕を置いておくと、「ナメクジ」は酒粕好きなので、そちらに集まってくるでしょう。さらに、市販の駆除剤を酒粕に混ぜておくと、そのまま駆除することもできると思います。また、園芸害虫で知られる虫に「アブラムシ」がいます。「アブラムシ」は、植物に群がるようにつき、葉の汁を吸ってしまいます。そのため、葉の色が黄色く変色してしまったり、野菜などの見た目が損なわれてしまいます。

[おすすめサイト]
  • メタボ 保険料

  • ウォーキング ダイエット

  • ホームヘルパー 資格試験

  • サイドビジネス

  • 不眠症

  • 自動車保険

  • 酵素

  • 子供 保険

  • 電動自転車

  • 子供部屋 インテリア


  • nice!(0) 

    nice! 0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。